協会案内


当法人は、一般社団法人大阪精神保健福祉士協会と称し、略称を「大阪 PSW 協会」とする。

当法人の英語による表記は「Osaka Association of Psychiatric Social Workers」と称し、略称を「OAPSW」とする。

目的

 当法人は、精神保健福祉士の資質及び社会的地位の向上を図るための普及啓発等の事業を行うとともに、精神障がい者の社会的復権と福祉の増進のための専門的・社会的活動を進めることにより、大阪府民の精神的健康の向上及び精神保健・医療・福祉の発展に寄与することを目的として活動を行う。


沿革

1961年 京阪神PSW懇話会

1964年 日本精神医学ソーシャル・ワーカー協会設立

1968年 大阪PSW協会 第1回総会開催

1970年 大阪精神医学ソーシャル・ワーカーブロック会発足

1979年 大阪精神医学ソーシャル・ワーカー協会発足

1999年 大阪精神保健福祉士協会へ名称変更


事業内容

 当法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)精神障がい者等の精神保健福祉の援助を必要とする大阪府民の生活と権利の擁護に関する事業

(2)精神保健福祉士の倫理及び資質の向上に関する事業

(3)精神保健福祉士の職務に関する知識及び技術の向上に関する事業

(4)精神保健福祉士の資格制度の充実発展並びに普及啓発に関する事業

(5)精神保健福祉及び精神保健福祉士に関する調査研究に関する事業

(6)社会福祉の発展に寄与するための普及啓発活動及び社会福祉その他の専門職団体等との連携に

   関する事業

(7)精神医療・保健・福祉・労働・教育等の領域において所属する機関及び団体並びにそのサービス

   の機能や質の向上、並びにその評価に関する事業

(8)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業


会長のあいさつ

 これまで当会は精神障害をもつ人たちへの社会的復権と福祉の向上を目指し、各々の日常実践の場で、相談支援や退院促進、地域生活支援また就労支援などの活動を展開してまいりました。しかしその現場で目の当たりにするのは、変わらず経済的、社会的、精神的に孤立・貧困の状況下にある精神障害者であり、彼らの社会的復権はいまだ道遠しの観があります。また児童や高齢者に対する虐待、中高年のうつ、自殺問題、薬物乱用など国民のメンタルヘルス課題が大きくクローズアップされ、精神保健福祉士が期待される領域も保健、医療、福祉だけではなく、教育、司法にまで拡大しつつあります。

 このような社会の構造的な変化により生み出された多様なニーズに応えていくことも我々の課題です。そのためには専門職としての価値・知識・技術を高めていくことが必要です。大阪精神保健福祉士協会は精神障害者のみならず、市民、地域のニーズに応えられる協会を目指し、またそれを担う優れた精神保健福祉士の育成に全力を尽くしていく所存です。

 皆様におかれましては今後とも一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申しあげましてご挨拶とさせていただきます。

 

一般社団法人大阪精神保健福祉士協会

会長 平 則男

 


協会定款・組織図

ダウンロード
一般社団法人大阪精神保健福祉士協会定款.pdf
PDFファイル 230.5 KB
ダウンロード
一般社団法人大阪精神保健福祉士協会組織図.pdf
PDFファイル 42.2 KB

事業説明