協会NOW

 ・協会への連絡は、トップページの事務局連絡先のみをご使用ください。それ以外の協会関連のメールアドレスなどをご使用いただいても手続きなどはできませんので、ご了承ください。

(研修について連絡先が示されている場合は除きます。広告/求人掲載については専用窓口までお問い合わせください。)

 

 

 

東大阪市の精神科病院での虐待の疑いの報道に対する声明

 

大阪精神保健福祉士協会 会長 萩原 敦子

 

2022年3月29日、東大阪市の医療法人聖和錦秀会「阪本病院」認知症治療病棟において、性的虐待が疑われる事案などがあったとして、大阪府が精神保健福祉法に基づいて指導していたことがわかったとの報道がありました。認知症病棟で、職員が認知症患者に対して言葉使い、食事介助や移乗に際して不適切な行為が行なわれていたということです。匿名の通報により今回の事案が発覚しています。その一つ一つは、言葉や態度での嫌がらせや侮辱などで、障害者虐待であることは疑う余地がありません。これまでも、精神科病院の慢性期病棟、認知症病棟で異議申し立ての困難な患者に対しての虐待を疑わせる行為が繰り返されています。

障害者虐待防止法では、「何人も弱い立場にある障害者に対して、虐待をしてはならない」と規定しています。現在精神科病院での虐待は通報義務がありません。通報義務が課せられていないという側面は、社会一般に精神科病院は精神障害者の人権が守られていない場所、行動制限が前提としてある場所という認識を与えてしまいかねません。

大阪精神保健福祉士協会は、主として大阪府内で活動する精神保健福祉士で構成されています。精神障害者の社会的復権・権利擁護と福祉のための専門的・社会的活動を行なう専門職団体です。精神科病院の長期入院者の退院促進や社会参加支援を目的に資格が創設されています。当協会の構成員の約半数は精神科医療機関に所属しています。

今や精神疾患は5大疾患として、誰もがなる可能性のある疾患とされています。精神科病院での治療が入院者の尊厳が保たれる環境となるためには、障害者虐待防止法での通報義務を課すべきです。また、入院者の意思決定や意思の表明についての支援が必要であります。

入院者の意向を丁寧に聞き取り、精神科病院のスタッフと協働しながら地域での支援を受けて生活されるような連携と協働のシステムがさらに図られる必要があります。私たち精神保健福祉士も自らを点検し、精神科病院に入院中の方の権利侵害を防ぎ、精神障害のある方の支援の充実に向けて鋭意努力していきます。

 

 

入会情報

■会費引き落としについて

口座等に変更のある方、手続きが未完了の方は、会員ページより「預金口座振替申込書」をダウンロードし必要事項・捺印の上、郵送ください。

※FAXでは手続きできません。

 

 また「預金口座振替申込書」を送付されたの内、

・1日~20日着の方は、翌月末日

・20日~月末の方は、翌々月末日

が引き落とし日になります。

新入会の方も同様ですのでご確認ください。

例:5/25事務所着⇒7/31引き落とし

※残高不足等で引き落しができなかった場合は2回目の引き落としの際に手数料も併せて引き落とし致しますのでご了承ください。

 

■新規入会は → こちら

 

■会員情報の変更/退会は → こちら(会員ページ内)

 

まきちゃんからのメッセージ

大阪精神保健福祉士協会キャラクター「おおさかっぱのまきちゃん」から初任者精神保健福祉士やソーシャルワーカーを目指す学生さんに向けてのメッセージです。 

 

新着情報

2022.7.01 求人情報    NEW!!

2022.6.22 求人情報    NEW!!

2022.5.28 会員ページ NEW!!

2022.5.11 研修情報    NEW!!

2022.5.11 大阪府支部 NEW!!